女の人

バストアップでメリハリボディを手に入れる|コンプレックス撃退

胸の悩みが消える

案内

メスを使わない豊胸

女性のバストは小さいよりも大きい方が良いというのは、男女関係なく皆が思うことである。それが女性の魅力のすべてではないが、魅力の一部であるからである。だが、現実的には皆が大きなバストを持てるわけではなく、もともとの体質や体型にもよるが痩せ型のほっそりとした体型が多い日本人はむしろ小さい胸を持つ人が多く、それがコンプレックスとなっている場合が多い。以前まではバストアップするといっても副作用などデメリットを心配する声も多くあり、異物を体の中に入れることに対する抵抗や恐怖が少なからずあったことで胸の整形というのはそこまで多くなかったのである。バストアップしたいと思っていても、自力でマッサージしたり矯正下着やサプリメントを活用するなど別の手段を取ってきた人も多いのである。しかし、医療が発達した今ではメスを使わずとも気軽に整形できる時代になっている。バストアップも少しくっきり二重にしたり、鼻を少し高くするなどのプチ整形感覚で行えるようになったのである。メスを使わずに自分の血液からジェルを作り出し、それを注入するだけという整形方法がある。自分の血液から作り出すジェルは人工的なものや脂肪などを入れる従来のものより拒絶反応が起こりにくく自然な仕上がりになるのである。

体の負担が無い

整形するとなると体への負担も気になるものだが、自分の血液を使ったバストアップは体への負担が少なくなんと日帰りも出来るほどである。所要時間は2時間から3時間あれば十分なので、それこそプチ整形のような感覚で軽い気持ちで施術してもらえるのである。体にほとんど負担なく自然なバストアップが出来るようになることで、自分の中のコンプレックスを解消し体に自信を持つことが出来るようになることが人気の秘訣である。残念ながら半年以降から2年半くらいの期間で注入したジェルは、自然と体の中に吸収されてしまうのだが、それでも元のサイズよりもサイズアップすることもあるのである。女性は加齢や出産などの影響で、胸の形や大きさはその都度変わるものである。その為、胸のサイズアップをしたいという人だけでなく、左右の大きさやハリが無く垂れ下がった感じ、しぼんだ感じがするなど様々な悩みが出てくるのである。若い人でも悩む人は居るが、年をとっても悩む人もまた居るのである。そういった悩みを解決してよりベストな自分が思う理想の体に近づけるようになるので、今やバストアップは他のプチ整形となんら変わりの無い身だしなみの一つと言えるのである。